【ドトールの定番ケーキ】ミルクレープを食べてみた感想

ケーキ・スイーツ
この記事は約4分で読めます。

ドトールコーヒーのケーキメニューから、定番の「ミルクレープ」を食べてみました。

四半世紀以上も続く、ドトールの看板メニュー。

何層にも重なったクレープとクリームが口の中でほどける、優しい味わいです。

ドトールのミルクレープとは

ドトールといえばこれ!というほどの定番メニュー「ミルクレープ」。

クレープ生地とホイップクリームを何層にも重ねた、優しい味わいのケーキです。

ミルクレープという名前は”mille=フランス語で千”と”クレープ”を組み合わせてできた言葉。

”千の葉”を意味するフランス菓子「ミルフィーユ(mill feuille)」に倣って付けられたようで、ミルクレープ自体は日本発祥なんですって。

ドトールでミルクレープが初めて提供されたのは、1996年なんだそう。思ったより歴史が古くてびっくりですね。

パイ生地で作るミルフィーユは以前から見かけましたが、ミルクレープがここまで有名になったのは、ドトールの力が大きいのではないでしょうか。

ミルクレープの値段は、イートイン387円、テイクアウト380円。(いずれも税込)

ドリンクと一緒に注文すると、ケーキセットで30円引になります。

▼ドトールのケーキセットについて詳しくはこちら。

ドトールのミルクレープを食べてみた感想

ドトールでお茶するなら、かぼちゃのタルトかミルクレープと決めています。(たまに季節メニューに浮気する)

もはや数え切れないほど食べているのですが、今回食レポを書くにあたり、改めてじっくり味わってみました。

幾重にも重なるクレープの層。

表面にはキャラメル風味のナパージュ(上がけ)が塗られてツヤツヤ。

見ているだけでも美しいですねぇ。

先端のとがった部分にフォークを入れる瞬間が、至福のひとときです。

クレープ一枚一枚の感触が微かに感じられ、超きもちいいー!

口に入れた途端とろけるクリームに、しっとりもっちりクレープの優しい食感。

クリームのミルキーさ、卵の風味がじんわり広がる、シンプルながら味わい深い一品です。

比較的甘さ控えめなので「1切れじゃ物足りない、もっと食べたい!」と思うときもあるけど…

この儚い1切れをじっくり味わうのがまた良いのかもしれません。

飲み物はブレンドコーヒーはもちろん、アイスコーヒー、カフェオレ、紅茶ともよく合います。

甘いドリンクよりは、コーヒーなどの甘くないドリンクを合わせるのが、個人的には好きですね。

ドトールを代表するスイーツ「ミルクレープ」。

これからも変わらずに居てほしいです!

ドトールのミルクレープ、カロリーは?

ドトールコーヒーは、公式サイトでメニューのカロリーを公開しています。

それによると「ミルクレープ」のカロリーは

317kcal です。

ケーキ1個のカロリーとしては平均的ですね。

ドトールのミルクレープはホールで買える

ドトールのミルクレープをお腹いっぱい食べたい!

そんなときはホールで買っちゃいましょう。

ギフトカタログから購入する

ドトール公式サイトの「ギフトカタログ」の中に、ホールでの値段が載っていました。

ドトール公式サイトより

5号サイズ(直径15cm)で、2,700円(税込)。

残念ながら、サイズは店頭に出ているものより小さめのようです。

単純計算で、お店のミルクレープの7.1個分のお値段。

ということは、量的にも7倍くらいはあるのかな?

なお、ホールのミルクレープは店頭では販売しておらず、宅配専用となります。(冷凍便で届きます)

購入には別途送料がかかりますので、ご注意を。

クリスマスケーキとして購入する

ドトール公式サイトより

クリスマス時期には「クリスマスケーキ」として、店頭予約&店頭受取でホールのミルクレープを購入できます。

店頭でホールのミルクレープを買える唯一のチャンスがクリスマス、というわけ。

単価は通販価格よりちょっとお高いのですが、送料がないため合計金額は同じくらいになります。

季節のミルクレープいろいろ

ドトールでは、一年中楽しめる定番の「ミルクレープ」のほかに、味違いの「季節のミルクレープ」も販売されます。

過去には「パリパリチョコミルクレープ」や「宇治抹茶のミルクレープ」「りんごのミルクレープ」など。

記事執筆時点(2021年6月)では「福岡県産白桃のミルクレープ」を販売中です。

今後はどんなフレーバーが登場するか、楽しみですね♪

ドトールのケーキ 関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました